2011年12月04日

ステージを終えて

遅くなりましたが、
11月28日はたくさんの方のご来場
ほんとうにありがとうございました。

盛大な拍手や
名前を呼んでくれたりと
言葉では表しきれないほど
お客さんは温かくて
自然と笑顔になることが出来ました。

極度のあがり症な私は
ステージ裏でも足を震わせ
また自己PRが最後ということもあり
裏でみんなを見ながらずっと涙ぐんでました。

この日までの半年間
共にミスキャンパス同志社の候補者として過ごしてきた日々
いつも笑顔が絶えなく明るいみんなの
素顔や心の想いをみることが出来たと思います。

 

私をこのミスキャンパス同志社
という舞台に立たせてくれたのは
決して自分ひとりの力ではなかったと改めて思います。

候補者のみんな
実行委員のみんな
関関立のミスキャンのみんな
家族、友達
先輩、後輩
応援していると声をかけてくれたみんな

ひとりずつ名前は挙げれないけれど
背中を押してくれて
自信をつけさせてくれて

そして何よりも
私を理解してくれてそばにいてくれて
本当に本当に伝えきれない想いがいっぱいです

 

毎日せわしなく過ぎていく時間のなかで
私が忘れかけていたモノを教えて頂きました

身近にある大切なものほど見失いがちです

「里奈らしくてよかったよ」
「私のなかでは里奈が一番だよ」
「里奈の出番は一緒に緊張して泣きそうだった」

ほかにもいろんな言葉をかけてくれる
素敵な仲間がたくさんいました。
幸せの涙がとまりませんでした。

きっとミスキャンに参加しなければ
流れゆくときの中で
ただなんとなく「私は恵まれているな」
としか感じなかったと思います。

反省すべき点はあるけれど
こんなに素敵な経験をできたこと
素敵な感情を与えてくれたこと
ありがたく思います。

 

候補者として過ごしたこの半年間
様々なイベントや人との出会いがあり
新鮮さの中に喜ばしい刺激を受けました。
しかしその一方で、
自分の要領の悪さ、詰めの甘さ
思うように動けなくて
力不足にもがき苦しむこともありました。

そんなとき私は初めて友達に
ミスキャンに出ることを伝えた時の事を
いつも思い出していました。

就職活動との二足のわらじ
絶対に反対されると思いながら報告しました。
「私、ミスキャンに出ることになったの」

友達は驚きながらも満面の笑みで

「里奈かわったよね。
前の里奈だったらあえて大変な道は選ばなかったと思う。
里奈が本気でやりたいと思ったこの決断を応援するよ。
全力でやったらいいじゃん。」

 

そして一区切りした今
私は再スタートをきります。

 

長くなりましたが最後に
今までブログを呼んでくださった方
そして応援してくださった方
心からお礼を申し上げます。
ありがとうございました。

 

 

斉藤里奈

 

 

コメントを書く

※投稿されたコメントは承認されるまで表示されません。







コメント内容


プロフィール

生年月日:1989.4.16

所属:経済学部

血液型:B型

身長:164cm

趣味:料理

特技・資格:弓道初段

将来の夢:幸せな家庭

チャームポイント:猫顔、ゆび

人生のモットー:出会いを大切に

尊敬する人:目標に向かってがんばっている人

ミスキャンパスへの意気込み:ミスキャンパスで味わえる貴重な経験や出会いに感謝して、内面も外見も魅力溢れる人になりたいです。4年間過ごした同志社大学や京都の魅力を伝えながら、思いっきり楽しみます♪

HPを見ている人へひとこと:HPを見ていただきありがとうございます!同志社生として、候補者として、全力で頑張ります★応援よろしくお願いします!!

メンバー

カテゴリ

カレンダー

2021年1月
« 12月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
  • 【MissCampus Japan】ミスキャンパスポータルサイト
Copyright© 2011 MissCampus Japan All Rights Reserved.